アブラハヤ。日本の川の身近な小魚

分類 コイ科/ウグイ亜科/アブラハヤ属 見かける頻度 ★★★★☆ 大きさ 全長 <15cm 分布 自然分布は以下。 (太平洋側)青森県〜岡山県 (日本海側)青森県〜福井県 人為放流により北海道にも生息。 特徴 ぬめりが強く、体側中央を頭から尾にかけて横切る黒色帯が最大の特徴。これは近縁種、タカ …

イワナ

イワナの分類 サケ目/サケ科/イワナ属 イワナの分布 全国 イワナの種類 エゾイワナ イワナでは唯一、陸封型(エゾイワナ)と降海型(アメマス)がいる。東北地方〜北海道の太平洋側、日本海側に生息。 ニッコウイワナ 側面に白い斑点が目立つ。地域個体差が大きく、オレンジ色の斑点を持つものもある。東北地方南 …

メダカとカダヤシの区別

日本の野生のメダカを捕まえたいと思っている人も多いでしょう。 ただ、メダカはカシラダカという外来種と大きさも形も分布域も似ていて、なかにはカダヤシをメダカと思って飼っている人もいるようです( ^^)。 区別の仕方は簡単、尻びれの形です。 メダカとカダヤシの区別は『尻びれの形』 メダカとカシラダカは、 …

ドジョウ(マドジョウ)

ドジョウ(マドジョウ)の写真 ドジョウ(マドジョウ)の分類 コイ目/ドジョウ科/ドジョウ属 ドジョウ(マドジョウ)の生態、特徴 国内では昔から食用として用いられ、日本の食文化となじみある魚である。 国内のドジョウには何種かいるが、マドジョウは最も大型である。個体によっては体長20cm以上にもなる。 …

アマゴ〜海に出ればサツキマス。日本の固有亜種の美しい魚

海に出ればサツキマス、陸封型はアマゴと呼ばれる。ヤマメに似るが、背中から側線付近にかけてオレンジのマーク(朱点)があればアマゴである。 アマゴの分類 サケ目/サケ科 アマゴの大きさ 10〜40cm程度。海に出る個体は50cmの大型個体となる。 アマゴの生息場所 本州〜九州の川。 神奈川県西部からの本 …

モツゴ

分類 コイ目/コイ科/モツゴ属 全長 8cmほど 分布 関東以西〜九州 別名・地方名 クチボソ、ヤナギモロコ(岐阜)、ヤナギハヤ(群馬)、イシモロコ(滋賀) 特徴・生態 口が細くなっているのが特徴。 平野の河川、下流域、水田、沼、湖、用水路など多少汚れた水質環境でも生息できる。 水槽で飼うと大型化し …

日本の川魚(淡水魚)図鑑

日本に生息する淡水魚を、生息域が上流から下流の順でご紹介。同定、見分けにお使いください。 (★☆☆☆☆:最も珍しい。♂:オス ♀:メス) 魚図鑑〜川魚・淡水魚(見分け・識別・区別) イワナ ★★★☆☆ カジカ ★★☆☆☆ アマゴ ★★★☆☆ ヤマメ ★★★☆☆ ドジョウ( …